コレステロールを下げるには?

ダイエットが続かないアナタのために効果的なダイエット方法を教えちゃいます!

ダイエットポータルサイト 健康ダイエット
はじめに | ダイエットメニュー(種類) | ダイエット食品 | ダイエット運動 |
用語集 | からだの悩み | からだチェック | 私のダイエット秘話&ダイエット法

 からだの悩み

 便秘
 むくみ
 冷え性
 高血圧
 高血糖
 コレステロール
 更年期障害
 生活習慣病

HOME / からだの悩み / コレステロール

このサイト内の内容は、病気の治療を目的とするものではありません。病気の治療を目的とされる方は専門の医療機関にて適切な処置をおこなって下さい。
「健康ダイエット」内の情報に基づきご自分の責任においてお取りになった行為により、万一ご利用の方に病状の悪化など不利益が生じた場合でも、健康ダイエット運営局は責任を負いかねます。何卒ご承知おき下さい。

【コレステロール】

  高コレステロール血症とは

血中の総コレステロール値が上昇する病態で、主に低密度リポタンパク質(LDL)コレステロールが悪さをする。コレステロールは体内で合成されるものと食物として摂取されるものがある。コレステロールはホルモン(女性ホルモン、男性ホルモン、黄体ホルモン、副腎皮質ホルモンなど)や胆汁酸などの合成原料であると共に、細胞膜の構成成分である。従って、生命維持に欠かすことのできないものである。しかし、過ぎたるは及ばざるが如しで、多すぎると、動脈硬化が進み、脳血管障害や虚血性心疾患の原因になる。

  主な原因

鳥肉、豚肉、牛肉などの摂取過多、コレステロール代謝不全、排泄不良。

  改善方法

【鳥獣肉食の抑制】
コレステロールを多く含む食物を減らすこと。
動物、特に鳥獣由来の食物は多くのコレステロールを含むので、適量の摂取が求められる。

【吸収抑制の食材】
コレステロールの吸収を抑える食材などを利用する。コレステロールは腸管で吸収される。食物繊維がその吸収を抑える。吸収されたコレステロールは肝臓に運ばれ、体内で合成されるコレステロールと一緒に代謝され、多くは胆汁酸に変化して、胆嚢を経て十二指腸に出てくる。それがまた、腸管で吸収されるが、食物繊維はその吸収も抑制する。残りのコレステロールは血液に乗って全身を回り、利用されるが、過剰な部分が血管壁に沈着して、動脈硬化の原因になる。

【コレステロールの合成抑制】
植物、特に海藻に含まれるステロールなどがコレステロールの体内合成を抑制する。ステロール以外の植物成分もこの体内合成を抑制するので、野菜、ハーブ、果物など植物性食物を大いに利用したい。

【コレステロールの血管壁への沈着抑制】
高血糖を避け、ポリフェノールに富む食品(緑茶、煎茶、紅茶、グァバ、セサミンを含むゴマ製品、ゲンノショウコ、ドクダミ、オオバコなどを含む茶剤など)を摂る。

【善玉コレステロール(高密度HDLコレステロール)の増加】
ショウガを摩り下ろし、味噌汁などに加えて用いる。適量のビールにも善コレステロールを増やす効果がある。

【専門医の診断結果】
高コレステロール症には家族性、甲状腺異常、腎臓不全、肝臓不全、血液成分の異常など、現代医療の治療を必要とする場合があるので、専門医師の診断が欠かせない。
コレステロール生合成を抑制する薬物(スタチン類)には高コレステロール血症を改善するだけでなく、ガン予防効果なども認められ始めている。

【漢方薬】
高コレステロール症や高脂血症の症状を軽減するものがある。症状を判断して、それに適合する大柴胡湯、黄連解毒湯、防風通聖散、白虎加人参湯、桂枝伏苓丸、疎経活血湯、八味地黄丸などが有用である。